下腹部痛シリーズ(Lower Abdominal Pain) 17 RESIDENT COURSE 【症例 LR 83】

症例 LR83(10mmスライス)79歳女性.既往歴:10年前冠動脈バイパス術,5年前から糖尿病を指摘されている.動脈硬化性閉塞のため左足の疼痛と潰瘍のため入院した.大腿動脈にステントを留置し,冠動脈造影を行った翌日に下腹部痛と嘔吐が出現した.体温:36.2℃,臍上部に圧痛と反跳痛を認め,腹部エコー検査で門脈内ガスを指摘されCT検査を行った.



















【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA