腹部全体痛シリーズ(Generalized Abdominal Pain)16 RESIDENT COURSE 【症例 GR 80】

症例 GR80(10mmスライス)61歳男性.3週間前に出血性胃潰瘍と貧血(Hb:5.8mg/dl)のため入院し,内視鏡的に止血された.前日に腹痛と腹部膨満を訴え,浣腸と下剤が処方されたが軽快せず.当日に生食で半分に薄めたガストログラフィンで注腸造影(図1〜図3)を施行したが有意な病変を認めなかった.イレウスチューブを挿入し,その際胃にもガストログラフィンを注入しCT検査を行った.























【 ←前の問題 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA