外傷(Trauma)シリーズ18 EXPERT COURSE 【症例 TE 89】

症例 TE89(7.5mmスライス) 65歳男性.酩酊状態で路上で寝ているところを発見され救急搬送された.腹痛を否定しており,腹部はやや膨満しているが圧痛,反跳痛や筋性防御を認めない.血圧:130/80mmHg,脈拍:84/分,体温:37.0℃. 図1〜図13は造影剤注入開始から2分,図14〜図26は15分後,図27〜図35は20分後のCT.




































【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA