腸閉塞・イレウス特集(obstruction+ileus)1 RESIDENT COURSE 【症例 ILR 1】

症例 ILR 1(5mmスライス):68歳男性.8年前に左鼠径ヘルニアの手術を受け,3年後に再発したが放置していた.6時間前にヘルニアが脱出し,還納できず鼠径部痛と腹痛が出現した.体温:36.0℃,左鼠径部に圧痛を伴うヘルニアを認めた.腹部は軟で圧痛もない.





























【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA