腸閉塞・イレウス特集(obstruction+ileus)2 EXPERT COURSE 【症例 ILE 10】

症例 ILE 10(10mmスライス):77歳男.特記すべき既往歴はない.5年程前から一時的な腹痛を自覚していた.1年前に腸閉塞で入院した時(CT:1〜17)は経鼻胃管による減圧で軽快し,大腸ファイバー検査で回腸末端の狭窄を認めたので手術を勧めたが自己退院した.2日前に腹痛と嘔吐が出現し,一時軽快するも当日に増悪したので来院.体温:36.0℃,腹部は膨満を示し右下腹部に圧痛があるが反跳痛や筋性防御はない.







































【 ←前の問題 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA