腸閉塞・イレウス特集(obstruction+ileus)15 RESIDENT COURSE 【症例 ILR 74】

症例 ILR 74(7mmスライスを1スライスおき):11歳男児.腹部手術の既往はない.前日の夕食後に腹痛と嘔吐が出現し近医受診,2回の浣腸で反応便があり腹痛がやや軽減し帰宅した.当日の朝に腹痛が増強し,意識消失したため救急搬送された.来院時には意識あり,体温:37.5℃,臍周囲に腹膜刺激症状を認める.図17〜図19は単純(Plain)CT.




















【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA