腸閉塞・イレウス特集(obstruction+ileus)17 RESIDENT COURSE 【症例 ILR 83】

症例 ILR 83(7mmスライス):75歳男性.弓部大動脈瘤の術後2ヶ月経過しリハビリ中であった.前日に下痢が出現し,次第に腹部が膨満,当日の朝になって粘血便があり血圧が低下した.体温:37.6℃,腹部は膨満し全体的に圧痛を認めるが軟.図1〜図12は上腹部,図13以降は下腹部のCT.


























【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA