腸閉塞・イレウス特集(obstruction+ileus)18 EXPERT COURSE 【症例 ILE 88】

症例 ILE 88(5mmスライス):78歳男性.既往歴:13年前にポリープで大腸切除.10時間前の朝食後に腹痛と嘔吐が出現し,昼頃から腹痛が増強し夕方に来院した.体温:36.0℃,腹部は下腹部正中に手術創があり,腹部全体に圧痛を認めるが,反跳痛や筋性防御はない.図20〜図34は4日後の,ガストログラフインをイレウスチューブから投与後のCT.





























【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA