腸閉塞・イレウス特集(obstruction+ileus)20 RESIDENT COURSE 【症例 ILR 100】

症例 ILR 100(7mmスライス):63歳男性.既往歴:12年前に胃周囲動脈瘤破裂のため胃切除.その後腸閉塞を5回起こし保存的に治療した.前日に腹部全体痛と嘔吐が出現し近医受診,腸閉塞の疑いといわれ自宅で経過観察していた.当日に腹痛が増強したので来院.体温:37.4℃,腹部は軟,右側に圧痛を認めるが反跳痛や筋性防御はない.イレウスチューブから小腸造影(右下腹部で閉塞所見)後のCTである.






























【 ←前の問題 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA