応用問題(Practical Exercises)6  【症例 P6-5】

症例 P6-5(5mmスライス):ミトコンドリア脳筋症のある39歳男性.寝たきりで気管切開されカニューレが留置されている.3時間前に39度の発熱,嘔吐と痙攣発作があり,腹部膨満を認め,腹部単純写真でS状結腸捻転を疑い紹介来院した.体温:38.0℃,腹部は膨満しているが軟で圧痛はない.図13〜図16,図21〜図24と図30〜図34はそれぞれの上段と同部位の通常ウィンドウ幅のCT.




































【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 応用問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA