応用問題(Practical Exercises)8  【症例 P8-3】

症例 P8-3(5mmスライス):76歳男性.2週間前に発熱,咳と倦怠感のため他院で治療を受けた.1週間前の再診で肝酵素の上昇があり紹介来院したが,症状が軽快していたので自宅療養していた.当日になり発熱と,さらに心窩部痛が出現したためCT検査後入院となった.体温:38.7℃,右季肋部に圧痛を認めた.図1〜図17は造影早期相(Early),図18以降は造影晩期相(Delayed)CT.



































【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 応用問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA