腹部全体痛シリーズ(Generalized Abdominal Pain)2 EXPERT COURSE 【症例 GE 7】

症例 GE7(10mmスライス) 81歳女性,既往に腰椎固定術.パーキンソン病,高血圧と心不全のためL-dopa,furosemide10mgとspironolactone12.5mgを毎日服用している.朝から腹痛と嘔吐があり主治医受診し経過観察されていたが血圧が不安定になり紹介来院した.血圧:70mmHg/(触診),脈:120/分,体温:35.0℃,輸液とドパミン(5mg/時)で血圧は正常レベルに上昇した.腹部はやや膨満し上腹部に圧痛があるが反跳痛や筋性防御はない.






















【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA