応用問題(Practical Exercises)20  【症例 P20-6】

症例 P20-6(5mmスライス):30歳女性.既往歴:2年前に左卵巣嚢腫摘出.3日前に軽度の心窩部痛を自覚していたが胃薬で軽減した.12時間前に間欠的な心窩部痛と嘔吐が出現し,痛みがくると頻回に嘔吐する.体温:36.3℃,臍下部に10cm長の横切開の手術痕があり,上腹部に圧痛を認めるが反跳痛や筋性防御はなく軟.腸雑音は亢進していた.























































【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 応用問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA