応用問題(Practical Exercises)21  【症例 P21-5】

症例 P21-5(10mmスライス):87歳男性.既往歴:57歳時に肥大症で前立腺摘出.約1年前から右下腹部の腫瘤を自覚していたが特に痛みもないので放置していた.1が月前から腫瘤を押すと痛みを感じるようになった.2日前から右下腹部痛が出現しなかなか軽減しないので来院.体温:36.0℃,右下腹部に表面平滑な,圧痛を伴う腫瘤を触知する.

































【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 応用問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA