応用問題(Practical Exercises)24  【症例 P24-6】

症例 P24-6(5mmスライス):66歳女性.既往歴:12年前に胆嚢癌のため胆嚢摘出と肝門部胆管空腸吻合術.9年前から年に1回くらい発熱と黄疸が出現し抗生剤による治療を繰り返している.次第に症状発現の間隔が短くなり,1ヶ月前からは1週間に1回となった.前日からの背部痛,黄疸と発熱 のため来院した.体温:37.6℃,黄疸(T.Bil:8.9mg/dl)を認めるが腹部はsoft and flatで圧痛もない.図9〜図12と図17〜図20はそれぞれ上段と同部位の単純(Plain)CT.





























【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 応用問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA