応用問題(Practical Exercises)26(吐下血)  【症例 P26-4】

症例 P26-4(7.5mmスライス):65歳男性.前日に暗赤色の下血と一時的な意識消失があり他院受診,脳のMRI 検査で異常を認めず帰宅させられた.当日になって“便器いっぱい”の下血があり意識消失しそうな感じがしたので救急車を呼んだ.直腸診で非出血性の内痔核と暗赤色の凝血塊を認めた.血圧:126/79mmHg,脈拍:72/分.早期相(Early)と晩期相(Delayed)のdouble phase造影CT.


























【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 応用問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA