応用問題(Practical Exercises)26(吐下血)  【症例 P26-9】

症例 P26-9(7.5mmスライス):20歳男性.午前3時に排便後下血が出現し,その後2時間おきに下血が続いた.排便中に気分不良とふらつきを自覚し,意識混濁し倒れているのを家族に発見され救急搬送された.腹部に特記すべき所見はなく,血圧:96/43mmHg,脈拍:69/分.上部および下部内視鏡検査で出血部位を発見できなかった.Single phase造影CT.




























【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 応用問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA