腹部全体痛シリーズ(Generalized Abdominal Pain)6 RESIDENT COURSE 【症例 GR 30】

症例 GR30(10mmスライス) 69歳女性,4日前S状結腸sm癌のため腹腔鏡下S状結腸切除術を行い,臍下のポート部の筋膜は2本の2-0バイクリルで縫合した.術後2日目に臍下ポート左側に,軽度の圧痛を伴う4cm大の腫瘤を認めたが血腫と思われた.術後3日目食事再開するも食欲なく,術後4日目腫瘤は皮膚の発赤を帯び,腹痛を訴え排ガスが停止したのでCT検査を行った.










【 ←前の問題 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA