その他(Miscellaneous)シリーズ10 RESIDENT COURSE 【症例 MR 49】

症例 MR49(10mmスライス)71歳男性,3ヶ月前吐血があり近医で内視鏡検査を受けたら食道潰瘍と言われた.治療後も吐血を繰り返すためさらに2回内視鏡検査を行ったが出血源不明であった.当日鮮血性の吐血があり来院した.










【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA