外傷(Trauma)シリーズ7 EXPERT COURSE 【症例 TE 31】

症例 TE31(7.5mmスライス) 47歳男性.自ら腹部を2ヶ所ステーキナイフで刺した(図1) .Vital signsは安定しており,腹部はsoft and flatで圧痛もない.検索で刺創1は腹腔内に達することが判明した.
















【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA