右下腹部痛(Right Lower Quadrant Pain)シリーズ9 RESIDENT COURSE 【症例 RR 44】

症例 RR44(Plain CT,10mmスライス)68歳男性.既往歴:30年前胃の亜全摘術をうけた.数時間前からの持続的な右下腹部痛を訴え来院.体温:36.2℃,右下腹部に限局した圧痛と反跳痛があるが筋性防御はない.腹部エコーで正確な診断がなされたが確認のためCT検査を行った.










【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA