上腹部痛(Epigastric Pain)シリーズ3 RESIDENT COURSE 【症例 ER 11】

症例 ER11(10mmスライス)59歳男性.18歳時に十二指腸潰瘍を内服薬で治療した.3時間前に心窩部痛と嘔気が出現し,急激に増強したため来院した.体温:36.9℃,上腹部に圧痛があり板状硬で,腸雑音は低下している.










【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA