上腹部痛(Epigastric Pain)シリーズ4 EXPERT COURSE 【症例 EE 20】

症例 EE20(7.5mmスライス) 63歳男性.既往歴:30年前胃切除.前日上腹部痛と嘔吐があり近医で腸閉塞と診断され胃管を挿入されたが上腹部痛軽快せず紹介来院した.体温:36.2℃,左上腹部が膨隆しており,圧痛と反跳痛を認め腸雑音は低下していた.





















【 ←前の問題 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA