上腹部痛(Epigastric Pain)シリーズ5 RESIDENT COURSE 【症例 ER 24】

症例 ER24(10mmスライス)23歳男性.6年前交通外傷による脾臓破裂のため脾臓摘出術,その後2回腸閉塞で入院したが保存的に治癒した.昼食後から急に上腹部痛と嘔気が出現し,次第に腹痛が増強し発症から数時間目に来院.体温:36.2℃,腹部全体に圧痛があるが反跳痛や筋性防御はない.


















【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA