上腹部痛(Epigastric Pain)シリーズ7 EXPERT COURSE 【症例 EE 34】

症例 EE34(10mmスライス) 68歳女性.30歳で帝王切開,15年前に頸部癌のため子宮摘出術の既往がある.最近受けた上部と下部消化管内視鏡検査では異常なかった.前日夜から上腹部痛,嘔気と数回の下痢があり,当日になっても上腹部痛が軽快しないため来院.体温:36.3℃,腹部は膨満し腹部全体に圧痛があるが反跳痛や筋性防御はない.


























【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA