上腹部痛(Epigastric Pain)シリーズ14 RESIDENT COURSE 【症例 ER 68】

症例 ER68(10mmスライス)63歳男性.肝硬変と肝臓癌があり,1年前と7ヶ月前に2回のTAEが施行された.4時間前に上腹部痛が出現し次第に増強した.1時間前排便後一時的に意識消失したため救急搬送された.血圧:104/66mmHg,脈拍:100/分,心窩部と右季肋部に圧痛がある.













【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA