上腹部痛(Epigastric Pain)シリーズ26 EXPERT COURSE 【症例 EE128】

症例 EE128(5mmスライス)69歳男性.4年前に胃潰瘍のため入院した.7時間前に激しい上腹部痛が出現し,その後さらに増強したので近医受診,消化管穿孔の疑いで転送された.血圧:216/105mmHg,脈拍:53/分,体温:36.2℃,腹部全体に軽度の圧痛があり,上腹部には筋性防御を認めた.腸雑音は正常.





















【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA