上腹部痛(Epigastric Pain)シリーズ27 RESIDENT COURSE 【症例 ER 132】

症例 ER132(10mmスライス) 65歳男性.既往歴:21歳時に胃切除,32歳時に胆嚢摘出術と腸閉塞.日頃から便秘がちである.3日前に右上腹部痛と下痢が出現し,下痢は改善したが腹痛は次第に増強したため来院.体温:36.8℃,右季肋部に圧痛がある.





















【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA