上腹部痛(Epigastric Pain)シリーズ28 EXPERT COURSE 【症例 EE 136】

症例 EE136(5mmスライス)51歳男性.既往歴:2年前胃潰瘍.4時間前急に心窩部痛が出現,次第に増強し2回嘔吐した.体温:36.8℃,腹部はやや膨満し,心窩部に圧痛と反跳痛があるが筋性防御はない.上部内視鏡検査で急性病変はなく,胃体部後壁に粘膜下腫瘍を思わせる隆起を認めた.
















【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA