上腹部痛(Epigastric Pain)シリーズ28 EXPERT COURSE 【症例 EE 137】

症例 EE137(10mmスライス)78歳男性.既往歴:8年前十二指腸潰瘍,7年前胆石のため腹腔鏡下胆嚢摘出術.2週間前から食欲不振があり,前日に上腹部痛が出現し来院した.体温:36.2℃,腹部に特記すべき所見はない.図13と図14はERCP.GOT:139 IU/L,GPT:152 IU/L,T-Bil:3.2mg/dl,ALP:970 U/L,CA19-9:942 U/ml,DUPAN-2:4309 U/ml,IgG:3328mg/dl(正常値:820-1740).















【 ←前の問題 】 【 次の問題→ 】 【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA