下腹部痛シリーズ(Lower Abdominal Pain) 20 RESIDENT COURSE 解答 【症例 LR 98】

左腎盂外尿溢流・尿管結石.Left ureteral stone・spontaneous peripelvic extravasation of urine












最上段の図5〜図8で左右腎の造影効果に差があり,左はやや遅く,髄質が十分に造影されていない.図5〜図16の▲は腎周囲の液貯留(均一な低濃度で境界鮮明,浮腫は不均一で境界不鮮明)である.図6で腎盂(△)の拡張を示しているので左尿管(△)を尾側へ追跡すると図26で嵌頓した尿管結石(↑)を発見でき,尿管結石と腎盂外尿溢流の診断となる.図26と図27の白矢印は静脈石(phlebolith)である.2日後に尿管結石が自然排石され治癒した.図Aは造影CTの数分後のKUBで,左尿管の拡張(△)と溢流した尿(▲)を示している.図Bは5日後のIVPで,図Aの異常所見を認めない.白矢印は静脈石.












  【参照症例】   1. 右下腹部痛(Right Lower Quadrant Pain)シリーズ15 【症例 RE 72】

 【 ←前の問題 】   【 次の問題→ 】  【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA