その他(Miscellaneous)シリーズ13 RESIDENT COURSE 解答 【症例 MR 62】

胃静脈瘤.Gastric varices






肝表面は不整な凹凸を示し,萎縮性で典型的な肝硬変である.図3〜図6の↑は胃内に突出した胃静脈瘤であり,extravasationを認めないが吐血の原因病変であろう.胃外の静脈瘤図3の1から尾側へ追跡すると数字順に展開する.図10で腎静脈に合流しgastro-renal shuntを形成しているので,頚静脈または大腿静脈から(→左腎静脈→)胃静脈瘤への到達が可能であることを示している.内視鏡検査で胃静脈瘤が確認された.図Aのごとく頚静脈からB-RTO(Balloon-occluded Retrograde Transvenous Obliteration:バルーン閉鎖下逆向性経静脈的静脈瘤塞栓術)を施行し,図Bと図Cに示すように静脈瘤(△)と側副路(▲)が血栓化したことが証明された.以後入院中に吐血の再発はなかった.










 【 ←前の問題 】   【 次の問題→ 】  【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 演習問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA