応用問題(Practical Exercises)32  解答 【症例 P32-3 】

胃潰瘍穿孔.Perforated gastric ulcer



上段で遊離ガス(△)と腹水(※)を認め,▲は粘膜下浮腫を示し急性胃病変を強く示唆する.図5〜図8の↑が胃潰瘍で,その穿孔と診断できる.手術で幽門輪近くの前庭部潰瘍の穿孔が確認され胃部分切除が行われた(図A).







  【参照症例】   1. 上腹部痛(Epigastric Pain)シリーズ2 【症例 ER 8】

 【 ←前の問題 】   【 次の問題→ 】  【 このシリーズの問題一覧に戻る 】 【 応用問題一覧に戻る 】  【 ご意見 】 

copyright © 2010 Tokushukai All Rights Reserved
copyright © Yoshifumi HORIKAWA